メタルフリー歯科(金属アレルギーの患者さんへ)

 昨今、テレビや、インターネットでも多く金属アレルギーについて取り立たされるようになりました。花粉症と同じように、年々アレルギー反応が出る方が多くなっているのが現状です。

 

 昔は、歯科領域では金属を用いた歯科材料が必須とされ、口腔内には詰め物や被せ物が数多くの金属で修復されているのが一般的といえます。特に最近になり、私達が日常臨床においても金属アレルギーに悩む患者さんに遭遇する機会が多くなってまいりました。

 このような経緯から、当院の歯科医療は、身体的な面ばかりではなく、審美的な面からも "メタルに劣らない、身体により親和性に優れ、しかも審美的な歯科材料" を用いて行うべきだと考えております。

 

千葉県いすみ市大原にある当院には、

日本メタルフリー学会認定歯科医師が在籍 

しております。

お口の中の症状と、金属アレルギーについて熟知した、認定医にメタルフリー治療はお任せ下さい。

金属アレルギーパッチテストも行っております。

 

千葉県外房エリアで、メタルフリー認定医が在籍する歯科医院は当院だけです。

週刊文春 2016年5月26日号

歯の詰め物や被せ物が原因!歯科金属アレルギーという盲点!Naver まとめ  2015年06月11日

長年、アトピー性皮膚炎、蕁麻疹、掌蹠膿疱症、尋常性乾癬など難治性の皮膚炎に苦しんでいる人も多いでしょう。皮膚科に受診し、いまいち原因がわからず、処方された薬を塗るの繰り返し。皮膚の症状だから、皮膚科ではなく、原因が歯科金属にあるとしたら・・・もしかして自分も?と思う方に読んで頂けたら幸いです。

いつまでも治らない手湿疹……それ、歯の金属アレルギーが原因かも? 2015/06/02 MSN

■歯科で使用される金属とアレルギー症状について  歯科の金属アレルギーとは、唾液などによって金属がイオンとなって溶出し、それが吸収されて起こるとされています。原理的にはピアスやネックレスなどのアクセサリーと同じです。歯科で使用される金属は直接口の中で唾液に触れているため、金属アレルギー反応がでやすい状態にあります。  一般によく用いられる保険の銀歯などは「金銀パラジウム合金」というものです。配合は、金12%、パラジウム20%がJIS規格で決まられており、それ以外に銀が約49%、銅が約19%、インジウムなど数%を組み合わせます。そのため粗悪な金属などは使用されていません。以前大きな問題になった金属アレルギーの代表格でもある「ニッケル」は、歯科ではほとんど使用されなくなりました。  さらに大幅に金の含有量を増加させた(金の含有量12%以上)保険が適用されない金合金などは、金属アレルギーが起きにくい成分が多く、歯と同じようにすり減るため、歯に優しい金属として利用されています。しかし口腔内金属である以上、どんな金属を使用しても、イオン化した金属の影響で、人によっては、アレルギー反応を起こすこともあります。  歯科用金属などで起こるアレルギーで最近有名になってきたのは、「掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)」というものです。口の中から入り込んだ金属イオンが体内に吸収されて、タンパク質と結合、変質してアレルゲンとなり、アレルギー反応を起こします。  手掌・足底にブツブツができて破れてから、ガサガサした状態になります。難治性でなかなか完治せずに、これまで原因がはっきりしませんでした。手足と全く異なる場所である口の中の金属が原因の一つとして考えられるようになり、口の中から金属を排除することで完治しないまでも症状が軽減することも増えています。  これ以外にも、歯科治療後に治りにくい口内炎や歯ぐきの炎症、皮膚トラブルができた、もともとの金属アレルギーがひどくなった、などの症状が現れることがあります...

NHK ためしてガッテン 2013年09月18日放送

  「金属+汗」の組み合わせが アレルギー発症の原因!?

ガッテンで、金属アレルギーになった3人に話を聞いたところ、

Aさん(27才)は毎朝使っていたビューラーで発症、

Bさん(73才)は歯のブリッジや差し歯に使われる金属で発症、

Cくん(7才)は、大好きなミニカーで発症しました。


AさんとBさんだけを考えれば、金属が長い時間をかけて体内にたまったのが原因のようにも思えます。ところが、Cくんは5才で発症したため、それが原因とは考えにくいといえます。
そこで、3人に金属アレルギーがどのように始まったのか思い出してもらったところ、Cくんは覚えていませんでしたが、AさんとBさん共に汗をかいたときに症状が出ていたことがわかりました。

では、「金属アレルギー体質」になるのは、汗がきっかけなのでしょうか...

奥歯の金属をメタルフリーへ(金属を使わない治療)

しゃべったり、少し笑うだけでも、奥歯の金属は結構見えて、キラリとしてしまっています。

お口の中には、保険適応の金属の詰め物、かぶせものがいっぱい入っています。

メタルフリー治療で、お口の中の金属は、すべてセラミックできれいになりました。

しゃべったり、笑ったりしても金属が見えないで、自然な口元に。これで、手で隠さなくても、大きな口で笑えます!何よりも、口元が若返りますね!


メニュー

ご予約、お問い合わせ

住所

電話番号

0470-62-1555

診療時間・休診日

   AM 10:00~PM 13:00

   PM 14:00~PM 18:00

 (月~水は17:00まで)

 

 休診日 木・日・祝日


受付の小高さんは、 とてもピアノが上手!