インプラント治療

当院にはインプラント専門医、指導医が在籍しております。

スイスの国際認定機関により、日本初の世界最高クラスの

インプラント治療を行う歯科医師として認定されています。

インプラント担当本間輝章

インプラント担当医 歯科医師 本間輝章

世界認定インプラント

厚生労働省指定臨床研修指導医
元ニューヨーク大学臨床指導医
国際口腔インプラント学会ICOI 指導医
ADIA Japan代表 (国際インプラント学会認定衛生士プログラム)
FIST 代表 (国際口腔インプラント学会認定勉強会)
Leading Inplant Center 登録歯科医
(スイスの国際認定機関により、日本人で初めて世界最高クラスのインプラント治療を行う事が出来る歯科医師として2013年より認定さています。)

2004年に日本歯科大学卒業後、臨床研修医を経て、(医)本間歯科勤務、1年半の臨床の後、米国ニューヨーク大学に留学。総合診療科で審美歯科を学び、その後インプラントぺリオ科に進み、インプラント界の巨匠Dr.デニスターナーに師事。同科卒後は総合診療科、審美歯科、インプラント科の3科にて臨床指導医として後輩の指導にあたる。
2010年に帰国し再び(医)本間歯科グループ診療所にて診療にあたる傍ら、国際学会発表、通訳、翻訳の仕事をしている。ICOI国際インプラント学会指定のFutureImplantlogistStudyTeamを立ち上げ、将来の若手インプラントロジストを育てる勉強会も行う。そしてICOIの補助機構ADIA Japan国際インプラント学会認定衛生士プログラムの代表を務める。

2014年には世界最大の国際インプラント学会の世界大会にて講演をするという栄誉をいただき、尚且つ衛生士部門での功績も称えられ表彰される。それ故、世界中の大学より、招待公演の依頼が増えている。

世界最先端の治療を、出来る限り低侵襲で行い、痛みも腫れもほとんど出ない手術を行う。
これまでに行ったインプラント治療や、複雑な外科処置は数百例を超え、無事故という実績から安心した治療を提供しています。


当院で使用するインプラント

当院ではメタルフリーインプラント(ジルコニアインプラント)も使用しております。チタン(金属)のインプラントはちょっと心配という方は、ぜひ一度ご相談ください!

「本物の歯と同じように、しっかり噛めるようになりたい・・・」
「口元を気にせずに笑いたい・・・」
インプラント治療は、失ってしまった歯の部分に人工歯根を埋入して、
機能と自然観を回復する、最近急速に進歩した治療法です。

失ってしまった歯をインプラントによって取り戻し、
美しい笑顔と噛める喜びを実感しましょう!
 
 
私たちは生活の中で、虫歯や歯周病、事故など様々な要因で歯を失ってしまいます。
失った歯は二度と生えてきません。
失った歯を補うために、従来は「ブリッジ」か「入れ歯」を使う方法が主流でした。
 
 

● ブリッジ

  長所 義歯に比べると審美的であり、固い物、粘り気のある物も食べやすい。
食後の歯磨きもそのままできる。
  短所 両側の歯を削る必要がある。(特に歯が健全歯の場合)
抜けてしまった歯 矢印 ブリッジを被せる

● 入れ歯

  長所 両側の歯を削る必要がない。
  短所 バネが見えるのでブリッジよりも審美性に欠ける。
粘りの強い物でとれる可能性がある。
食後にはずして洗ってまた入れる手間がある。 違和感がある。
抜けてしまった歯 矢印 入れ歯を入れる

● インプラント

  長所 両側の歯を削る必要がない。 審美的である。
食後に取りはずす必要がない。 顎の骨が細くなるのを防ぐ。
抜けてしまった歯 矢印 インプラント治療をする
 
インプラント治療とは、人工の歯根を骨に植え込み、それにクラウン(被せ物・冠)を装着して自然の歯のように咬合を回復する歯科医療技術です。

 
 

インプラントの一般的手術法

  • Dr.本間輝章は無痛・無腫脹を基本コンセプトに、安全、安心、
   無事故の経験から信用と実績を重ねております。
1回法はインプラント体を埋める手術の時に、大きめの蓋(キャップ)取り付け、お口の中にその蓋が見えるようにして終了します。
インプラント1回法説明画像

2回法では、手術の時には小さめの蓋をして歯肉の中にインプラントをしまっておいて、そのまま治癒させます。
インプラント2回法説明画像
治癒期間終了後に、再度歯肉を少し切って、大きめの蓋に交換する手順が入ります。ですから、この方法を2回法と呼んでいます。
 
1回の方が手術が少なくて良いではないか、と思われると思いますが、骨の移植が必要であったり細菌感染のリスクの高い場合などには、この2回法を用いる方が安全であることがあります。最近では加えて、診断技術や治療技術、器械類の発達によって骨の状態が良い場合には、手術の当日に仮歯を装着してしまう方法なども行われるようになっています。

以上の方法は、インプラント治療が確立してからこれまで行われてきた、インプラント治療の基本的な方法です。

メニュー

ご予約、お問い合わせ

住所

電話番号

0470-62-1555

診療時間・休診日

   AM 10:00~PM 13:00

   PM 14:00~PM 18:00

 (月~水は17:00まで)

 

 休診日 木・日・祝日


受付の小高さんは、 とてもピアノが上手!